2013.7.3

 連合では、働いても報われない「ワーキング・プア」が増加し、相対的貧困率が14.9%に達するなど、雇用と労働条件が傷んだまま格差がさらに広がりかねない現状を懸念し、①労働規制緩和の阻止、②最低賃金の引き上げ、③社会保障の充実、④格差拡大阻止、の4点を中心に全国に訴えようと先の5月20日と22日に北は北海道稚内市、南は沖縄県那覇市を皮切りに「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」全国キャンペーンをスタートさせました。

 連合愛媛では6月10日、11日県内各地で地協の皆さん方を中心に活動を展開しました。既に各地協の報告は済んでますが、本部のキャンペーン内容も含め再掲させていただきます。

 

・Stop the 格差社会!キャンペーン→こちら

・中予・今治地協の取組み→こちら

・南予地協の取組み→こちら

 

2013年7月3日

 事務局長 杉本宗之

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る