今治市との政策協議会を開催!!(中予・今治地協今治支部)

 7月19日(木)、今治市との政策協定に基づいた政策協議会を今治市役所内会議室で開催しました。今治市からは菅市長、長野副市長ほか6名の幹部の皆様、そして長橋市議会議員と山岡市議会議員に出席いただき、中予・今治地協今治支部からは役員10名が参加しました。

 冒頭、 中予・今治地協 砂田今治支部長より菅市長はじめ幹部の方々に開催の御礼を述べたのち、私たちが今治市で働き続けられる今治市にしていきたいと挨拶がありました。

 次に、菅市長による市政報告の中では、①地域懇談会「市長とわいわいトーク」を通じて市民と率直な意見交換を行っていること ②今治市中心市街地の課題である今治大丸跡地の活用・港の再生・商店街を含めた市街地の活性化 ③グリーンセンターの問題 ④新都市で富良野自然塾をモデルに今治自然塾を昨年4月にオープンし小中学生を中心に利用していただいていること ⑤平成29年に開催される愛媛国体に向けて施設の整備を27年度までに行うことなど、合併から8年目を迎える今治の街づくりについて、前に向いて進めていることが報告されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、5組合(瀬戸内運輸労組、JP労組、自治労今治市職員組合、四国電力労組、NTT労組)から、それぞれ意見・要望を述べ、それに対して菅市長や幹部の方々から丁寧な回答をいただきました。

            

 

 

 

 

 

 

 

 そして、砂田支部長から菅市長へ「今治市に対する要求と提言書」の受け渡しを行いました。

 最後に、井川副支部長より閉会のあいさつがあり、今治市との政策協議会は終了しました。

 1時間と短い時間ではありましたが、各組合からの意見・要望に対して、丁寧な回答と理解をいただき、全体を通して有意義な協議の場をもつことができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

中予今治地協

中予今治地協中予今治地協

中予地協と今治地協が統合され、「中予・今治地協」が結成され新たにスタートしました。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る