中予・今治地協より~第89回今治地区メーデー大会を開催しました。

第89回今治地区メーデー大会が、5月1日(火)10時より、今治市公会堂にて、連合愛媛中予・今治地協今治支部の構成組織を中心に、今治越智地区の事業団体・労福協合同のメーデーとして、281名が集結する中で、開催しました。

今治のメーデーは、愛媛県で最初に大衆的デモストレーション(デモ)が行われたのは今治で、1925年(大正14年)の第6回メーデーのことでした。以降、今治地区は、現在も毎年5月1日にメーデー祭典を行っています。

  

今回の式典では、大会議長より読み上げられた、「平和・人権を守り、あらゆる差別をなくそう!働く者のための働き方改革をすすめ、すべての仲間と結集しよう!」のメーデースローガン採択の後、芥川 大会実行委員長より、連合・産別・未組織労働者の垣根を越えた連帯で、この今治地区から「働く者の連帯で安心して暮らせる平和な社会をつくろう」と訴え、来賓として、連合愛媛 菊川事務局長、今治市 菅市長、村上 県議会議員、山岡 今治市議会議員の4名の方から、連帯の言葉をいただきました。

    

 

   

その後、「春季生活闘争未解決組合支援決 議(案)」とメーデー大会宣言が採決され、無事式典が終了しました。

 

  

式典終了に続き、各組織・企業・団体からの協賛で多くの賞品が用意された中で、恒例のお楽しみ抽選会が行われ、多くの参加者に喜んで頂きながらメーデー大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

中予今治地協

中予今治地協中予今治地協

中予地協と今治地協が統合され、「中予・今治地協」が結成され新たにスタートしました。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る