第83回愛媛中央メーデー大会&連合愛媛いきいきフェスティバルを開催!!

 4月28日(土)、松山市城山公園「ふれあい広場」において中予地域を中心に県内の組合員が参加して、労働者の祭典 第83回愛媛中央メーデー大会が開催されました。

 今メーデー大会は、「日本全体でつながり・支えあおう!すべての働く者の連帯で働くことを軸とする安心社会を実現しよう!」をメーデースローガンに掲げ、「復興元年」東日本大震災1周年にあたっての特別決議が満場の拍手で採択され、被災地の復興・再生に向けて、連合は今後も労働組合としての社会的役割発揮に努めるべく、“つながろう日本!”を合言葉に、すべての被災者と被災地を引き続き全力で支援し続けることを参加者全員で確認しました。

 メーデー大会終了後、組合員とその家族、市民 約3,000名が参加し、東日本大震災復興・再生に向けた連合愛媛いきいきフェスティバルが開催されました。

 会場は大きく4つに分かれ、①メインステージでは、福島県のフラダンスチームの観客を魅了した踊りもさることながら、被災者・被災地へのこれまでの支援に対する感謝と復興に向けた思いに胸を打たれました。お子さんに人気の「特命戦隊ゴーバスターショー」ではちびっこの元気な声が響きました。②組織出店ゾーンでは、連合愛媛加盟組織をはじめ友好団体など14の出店が並び、軽食や飲み物の販売のほか金魚すくい、恒例のチャリティーバザーなどで賑わいました。(収益金は全額被災地に寄付いたします。)

 一方、中予・今治地域協議会中予支部が中心となって企画・運営した ③イベントコーナーでは人気の「ミニSL」と「ふわふわまんま」に長い列ができたほか、被災地支援物産販売コーナーでは多くの皆様にご協力いただきました。本当にありがとうございました。また、友近聡朗参議院議員・内田秘書の親子サッカー教室ではサッカー少年たちが気持ちのいい汗を流しました。そして④展示・体験コーナーでは、伊予鉄道のご厚意でバス乗り方教室が行われたほか、中予地域の自治体にご協力いただき、起震車やマスコット消防車を体験したり防災グッズの展示、地域の防災マップの設置など災害に対する備えの重要さを意識する機会にもなりました。

 まるで真夏を感じさせるような日差しの下、家族で楽しいひとときを過ごすとともに、『被災地を忘れず、ともに歩もう!』と改めて心に誓った1日となりました。

 イベントスタッフとしてご奮闘いただいた連合愛媛中予・今治地協中予支部役員の皆様・構成組織組合員の皆様、大変お疲れ様でした。そして、ご参加いただいた多くの皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました!!

[nggallery id=3]

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

中予今治地協

中予今治地協中予今治地協

中予地協と今治地協が統合され、「中予・今治地協」が結成され新たにスタートしました。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る