連合愛媛2012春闘学習会を開催しました(中予・今治地協中予支部)

    連合愛媛中予・今治地協中予支部は、4月23日(月)に愛媛県勤労会館において、

地協中予支部役員・組合員等45名が参加し、「連合愛媛2012春闘学習会」を開催

しました。

    冒頭、中予・今治地協中予支部 三浦支部長のあいさつの後、連合愛媛木原会長より

「2012春季生活闘争の厳しい状況はもとより、現在私たちを取り巻く情勢は、労働

環境の悪化や政局の混迷、3.11東日本大震災からの復興・再生と課題が山積している

が、日本の再生に向け連合愛媛は皆さんとともに情報を共有し対応していきたい。」と

あいさつを受けました。

   学習会では、「2012春闘についての考え方」と題して、菊川副事務局長より「地

場中小を念頭においた連合春闘」と位置づけ、すべての労働者の処遇改善(復元)、

中小地場の格差是正をめざした闘いとして取り組んでいる連合愛媛春闘について、

今春闘で連合愛媛が掲げた要求額の根拠等、より具体的な説明がありました。

   引き続き、杉本事務局長からは、「連合愛媛の活動等」と題して ①連合がめざす

「働くことを軸とする安心社会」に向けた取り組みについて ②東日本大震災をはじ

めとする今日までの連合のボランティア活動について ③連合愛媛の「被災がれき受

け入れ要請」行動に至る経緯とその反響、そして今後の課題について説明および提起

がされました。

   その後、直近する日本の大きな課題である震災がれき処理に対する連合のとらえ方

についても意見交換し、参加者全員で情報共有を図りました。

   山邉中予副支部長の閉会あいさつの後、参加者は春闘未解決組合の5月末決着をめざ

した解決支援に向けて団結して頑張ることを誓い合い、三浦中予支部長のガンバロー

三唱で学習会を終了しました。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

中予今治地協

中予今治地協中予今治地協

中予地協と今治地協が統合され、「中予・今治地協」が結成され新たにスタートしました。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る