中予・今治地協より~松山市長との政策勉強会を開催しました!(中予支部)

連合愛媛中予・今治地協中予支部は、8月5日(月)18:00より愛媛県勤労会館において、恒例となっています『松山市長との政策勉強会』を2年ぶりに開催しました。(平成30年は7月西日本豪雨で中止)

当日は、松山市より野志克仁市長、産業経済部 家串部長、地域経済課 加藤課長、地域経済課中小企業応援・雇用担当課 松浦課長、今村主幹、矢野副主幹、山本主査と多くの方にご参加いただきました。また、連合愛媛議員連絡会の松山市議会議員4名にもご出席いただき、中予・今治地協中予支部からは松山市在住者を中心に48名、地協中予支部役員が11名が参加しました。

 

勉強会では、岡村 中予支部副支部長の主催者挨拶の後、野志市長より「現地・現場を大切に」「市民目線を大切に」市民が主役のまちづくりを進め、「連携」「協働」でまちの力を引き出し、「継承」「発展」をキーワードに挑戦し続ける行政を目指し、〈笑顔広がる人とまち 幸せ実感都市 まつやま ~一人でも多くの人を笑顔に~〉をキャッチフレーズに1.子育て環境を充実し、子供たちの未来を応援する松山 2.誰もが自分らしく、いきいきと暮らせる松山 3.みんなで助け合い、安心して暮らせる松山 4.元気な産業を応援し、成長する松山 5.自分たちのまちに愛着や誇りをもち、住み続けたい松山をつくる と、5つの柱を実践していくとした基本市政の説明がされました。そして、現段階での具現化された事業など、多くの事業について説明をいただき、最後に全国から選ばれ100年先も輝けるまちとして次の世代にしっかりと引き継いでいくために、皆さんの協力が必要と熱く訴えられました。

また、勉強会の後、野志市長にもご参加いただく中で、参加者との交流を開催し、有意義な政策勉強会になったと思います。

  

公務でご多忙中にもかかわらず、政策勉強会にご協力いただきました野志市長と松山市幹部の皆様、また、ご参加くださった組合員の皆様に感謝いたします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

中予今治地協

中予今治地協中予今治地協

中予地協と今治地協が統合され、「中予・今治地協」が結成され新たにスタートしました。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る