第90回愛媛中央メーデー大会を開催!

第90回愛媛中央メーデー大会

メーデースローガン    

「格差をなくし、平和を守る!

笑顔あふれる未来をつくろう すべての仲間の連帯で!」

  

  

連合愛媛は、4月27 日(土)に松山市城山公園(堀之内)管理広場において、県内から組合員とその家族を含め約1,200 名が参加し、第90 回愛媛中央メーデー大会を開催しました。

冒頭、弓立実行委員長は、「2019   春季生活闘争も折り返しの今日、愛媛の妥結状況は、昨年より少し下回る傾向にあります。一方、全国の平均賃上げ率は昨年を上回っており、特に、300 人未満の中小労使の賃上げ率が2%台に回復し、大手労使と同等の賃上げ率になっています。話は変わりますが、4月から始まった『働き方改革』では、残業時間の上限規制が導入され、メーデーの趣旨からしても一定の評価ができます。ただ、法整備がなされても現場で活かさなければ意味がありません。労働組合の有無に関わらず、時間外労働に関する労使協定である『36(サブロク)協定』の適切な締結等を徹底していくことが重要です。結びに、連合は今年結成30 周年を迎えます。現在、新ビジョンの策定を進めており、このビジョンは、2035 年の社会を展望し、私たちの運動と求める政策の方向性が込められています。令和の時代も引き続き連合運動の前進に向け、一緒に様々な取り組みを展開していこうではありませんか。」と   訴えました。

続いて、神野愛媛県副知事、野志松山市長や事業団体、そして連合愛媛が支援している、国民民主党・社民党等の来賓祝辞・紹介を行いました。

  

その後、「春季生活闘争未解決組合支援決議」「メーデー宣言」を満場一致で採択し、最後に、西岡副実行委員長の「ガンバロー三唱」で式典をしめくくりました

  

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る