連合愛媛のボランティア日記⑤

  

 今日はベースキャンプのある会津から二時間かけていわき市での作業でした。津波被災した平下大越の田畑からのゴミだしです。 実は、連合の仲間は今回被災した東北3県でボランティア支援をやってます。私達は自己完結のボランティアですので、ベースキャンプを確立してからの活動になります。というわけで、色んな事情もあって福島のベースキャンプ作りが遅れました。

 私たち達が活動するいわき市は、岩手や宮城と違って海岸付近以外は、震災の影響は見えにくいかもしれませんが、ご案内のように原発と余震のため、想像以上に沈んでいます。

 だから、農地の復旧はある意味とても意義あることだと思います。塩抜きにはまだまだ時間がかかるでしょう。でも、福島産の農産物が今まで以上に日本中に溢れるように頑張って欲しいものです。私も毎日福島産を食べさせてもらってます。

 

がんばろう福島!がんばろういわき!です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る