連合愛媛第30回定期(年次)大会を開催しました!

連合愛媛 第30回定期(年次)大会

私たちが未来を変える ~安心社会に向けて~

11月20日(金)に愛媛県勤労会館において「連合愛媛第30回定期(年次)大会」を開催しました。

当日は、ご来賓にはご案内を差し控えるとともに産別ごとの代議員も各1名とした縮小開催とし、役員・代議員(委任状を含む)160名が出席し行われました。

    

はじめに、主催者を代表して弓立会長は、「①自然災害に対する認識、②終息が見えないコロナ禍の対応、③2021春闘に向けて、④組織化・組織拡大の前進、⑤政治への対応等に触れられるとともに、今大会は中間大会であり、7つの柱について課題と取り組みについて補強する形で提案しています。また、コロナ禍の中、集会や街頭行動なども自粛あるいは規模を縮小せざるを得ない状況であり、社会との関わりについて工夫する必要があります。ひとつにはホームページに加え、フェイスブックを開設しました。リアルタイムな情報発信に努めていきたいと思います。私たちの運動スローガンは、『私たちが未来を変える』です。今のコロナ禍を踏まえた『命とくらしを守るニューノーマル(新しい標準)を確立する』ことは、これまで目標としてきている『働くことを軸とする安心社会』の実現と何ら変わるものではありません。構成組織の皆さんと共に地道に運動を進めて参りますので、一層のご協力をお願いします。」とあいさつしました。

   

次に報告事項では、①2020年度活動報告、②2020年度会計報告ならびに会計監査報告を行い、満場一致で承認されました。引き続き審議事項では、①新規加盟組織の紹介、②2021年度の取り組み(案)、③2021年度予算(案)、④2020~2021年度役員の一部交代(案)を提起し、承認・可決しました。          

なお、今大会をもって退任された電機連合の越智副会長、私鉄総連の中田副会長をはじめ2名の執行委員の方々の今日までのご尽力に対し、心から感謝申し上げるとともに今後のご活躍を祈念し、最後に弓立会長の音頭で「団結ガンバロー三唱」を行ました。

    

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る