2018「国際交流視察㏌台湾」を実施しました!

 2018「国際交流視察 in 台湾」

超少子高齢化・人口減少社会に突入する中、地方において、経済の発展は重要な課題となっています。連合愛媛は2017年11月に、「地域の活性化には地域の中小企業の活性化が不可欠」 をテーマに、「地域フォーラムinえひめ」を開催し、地場企業・中小企業が愛媛の経済の振興・発展と私たちの生活に密接に関係していることを再認識したところです。 マーケットの縮小・グローバル化における競争の激化が予想されており、地域の企業が市場を拡大していくために、各自治体においてもさまざまな取り組みを行っています。

そこで、松山市のご協力をいただき、10月4日(木)~6日(土)の3日間、連合愛媛執行部等と労働者福祉団体代表者の合計24名が参加して、台湾(台北 ①168PLACE(敦化北路)、②迪化街(大同区)、③TJICオフィス(松山区))の3ヵ所を訪問し、個々の取り組みについて視察・意見交換を行いました。

<訪問先:台湾(台北)

168PLACE(敦化北路) 松山産品を置いているアンテナショップ。民間企業(松山市事業所)が運営している。
TJICオフィス(松山区) 台北市政府関係機関。本市と覚書を締結し、本市中小企業の販路拡大を支援している。
迪化街(大同区) 若手クリエイターを活用し、活性化を図っている商店街・問屋街。

 

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る