労働安全衛生センター「全国産業安全衛生大会in名古屋」

DSC05360

連合愛媛労働安全衛生センターの幹事、組合員5名で、現在の安全衛生を取り巻く課

題やその解決のために必要な人材育成について考える良い機会であり、安全衛生活動に携っている人たちの発表、交流の場でもある「全国産業安全衛生大会」へ参加しました。

今年は、12,000人の参加者は集い「皆でつなごう 安全と健康を守る日本の現場力」をテーマに名古屋市内の各会場において、13の分科会による多彩なプログラムによる講演・事例発表等が繰り広げられました。

事例報告の中で「品質の不良、生産のロスは、日々の改善で取り戻すことができるが取り戻すことができないのが、災害である。モノづくりの前に人づくりを続けていく。」という言葉に感銘を受けました。

総合開会式はもとより、分科会においても参加者全員で指差し唱和を行い、安全衛生について考える3日間となりました。

「一人ひとりカケガエニナイひと ヨシ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る