連合愛媛のボランティア日記⑦

おはようございます。4月19日朝です。
 今ボランティア活動中の場所は福島県いわき市(浜通り)ですが、ベースキャンプは会津なのです。それは、原発周辺の方々が大勢はこの地域に避難されている事と100名収容できる宿舎がここしかなかったからです。
 会津ベースキャンプからは、会津ボランティアセンター組といわき組の2チームにわかれます。

 会津チームは、主に支援物資の仕分けや被災者への受け渡しなどです。
 いわきチームは、瓦礫撤去などの肉体労働がメインですが、センターの受付業務などもあり、ほぼ日替わりメニューです。
 それで、いわきチームは、早朝六時半に朝食取って二時間かけていわき市へ通ってるわけです。実は1時間半は磐越道を走行するわけですが、この高速も震災の影響で段差がゾッとするくらいたくさんあり、道中生きた気持ちがしません。
ということで、今晩から我々を含め約半分がいわき市内にベースキャンプを移します。

 ちなみに、ここ会津では何と雪が降り出しました。故郷松山では考えられないことです。

それでも、がんばろう、にっぽん! つながろう、NIPPON! です。

杉本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る