『5.27中央総行動・全国統一集会in愛媛』 開催!

スローガン

「労働者保護ルール改悪阻止!~働く人の暮らしが危ない!」

暮らしの底上げ実現に向け、5月27日(火)連合は47都道府県における一斉開催で、「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現 5.27中央総行動・全国統一集会」を実施しました。 連合として初めての試みで、全国47都道府県で開催された集会会場をインターネット中継でつなぎ、各会場に集まった約22,000人の全国の働く仲間が一斉に怒りの声をあげ、私たちの主張を広く社会にアピールするとともに、力強く意志の共有をはかりました。

連合愛媛では松山市市民会館中ホールで、各構成組織組合員など約800人の働く仲間が結集し、「5.27中央総行動・全国統一集会in愛媛」18時30分からを開催しました。 はじめに、古賀会長は「問題は、雇用や労働条件に関わる法律を改悪し、働く者を踏み台にして企業の成長をはかろうとする内容が検討されていること、それも、われわれ働く者の代表が参加できないところで勝手に議論していることだ。労働基準法をはじめとする労働者保護ルールは、働く者が人たるに値する生活を営むための最低限のルール。労働者派遣法の改悪審議を含め、世論をバックにあらゆる手段を駆使し、働く者の団結でこれらを断固阻止しなければならない。」と呼びかけました。

続いて、民主党海江田万里代表より国会情勢報告があり、その中で、「働く者を犠牲にする成長戦略はあってはならない。ILOの三者構成原則は世界の常識だ。働く人の意見を反映させるべく、民主党の総意として、労働者派遣法をはじめとする雇用法制の改悪を阻止していく。連合とも連携をはかりながら、全国各地で政府に対する批判の世論を巻き起こし、今国会を戦い抜くことを誓う。」と決意の一端を述べました。

引き続き、全国で同時開催されている集会会場を代表して、 連合愛知、連合島根、連合愛媛、連合北海道の集会会場を順に中継し、それぞれ、地方連合会会長の決意表明と集会の様子を、全国47の集会会場に集う働く仲間で共有し、全国統一集会としての一体感を醸成しました。

連合愛媛杉本会長は決意表明で、「愛媛県は2003年、全国で初めて『外国人研修生受け入れ特区』に認定され、当時この制度のもと、多くの外国人労働者が違法・脱法行為の的にされ、人権侵害も横行した。今、安倍政権は、人手不足を理由に、低賃金の外国人労働者を受け入れようとしている。私たち連合愛媛は、日本人・外国人にかかわらず、労働者保護の視点がない中での、安易な受け入れは絶対に許さない。」と訴えました。併せて会場参加者は「エヒメ」などの人文字を行い、最後は会場全員で「連合愛媛は許さないぞ」と掛け声をあげ締めくくりました。

その後アピール採択、「労働者保護ルール改悪反対を求める意見書の採択」を求める要請を連合政治センター繁木副委員長から連合愛媛組織内議員連絡会副代表玉井県議に手交し集会を終了しました。

 

 

 

本部中継で古賀会長挨拶 会場は満員御礼

本部中継で古賀会長挨拶 会場は満員御礼

 

杉本会長決意表明・会場は参加者による「エヒメ」の人文字

杉本会長決意表明・会場は参加者による「エヒメ」の人文字

 

 

”エヒメ”の人文字 舞台上から見るとこうなる予定でした

”エヒメ”の人文字 舞台上から見るとこうなる予定でした

 

 

 

 

 

 

繁木副委員長から副代表玉井県議へ要請

繁木副委員長から副代表玉井県議へ要請

 

004

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る