2011.04.01

 さて、いよいよ連合も本格的に救援ボランティアの派遣を実施します。震災直後から本部の先遣隊がそれぞれの被災地に入り、実態把握や受入れ拠点づくりを行い、同時進行で政府及び民主党と法整備などのすり合わせを行ってきました。第一陣として3月31日に約300人が東京を出発する予定です。

 連合は組織ボランティアができる数少ない団体です。活動にあたっては、「現地に負担をかけない」「現地の指示に従う」「安全確保」の3原則のもと自己完結、自己責任対応のボランティアを実施します。

 街頭で行った義援金カンパで、多くの県民の皆さんの「何かしなくては…。何かしたい」といった熱い思いを強く感じました。今後は、そんな思いを少し具体的に進めることになります。半年先になるか何年先になるかわかりませんが、被災された皆さんの元気が戻るまで連合はやり通す覚悟です。ともにがんばりましょう。
 頑張ろう日本! つながろうNIPPON!

2011年4月1日 杉本宗之

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る