南予地協より~連合愛媛労働安全衛生センター南予地区学習会

001 004 018

こんにちは、南予地協です。

 4月5日(土)午後2時から、西予市消防署にて連合愛媛労働安全衛生センター主催による「南予地区学習会」が開催され、南予地協三支部の役員、組合員ら23名が参加して救急救命講習を受講・体験しました。

 学習会は冒頭、白石副事務局長が主催者の立場で開催趣旨の挨拶を行い、続いて西予市消防署・高橋救命士による講習会の進行説明を受けた後、救命のリレー、救命処置の流れなど約1時間に亘って二つのビデオ講習によるイメージ学習を行いました。突然のけがや病気におそわれた人に遭遇したとき、近くにいた人の行動が最も重要で、特に「心停止の早期認識と通報」(大声で応援を呼び119番通報とAEDを手配)、「一次救命処置として心肺蘇生法とAED使用」等、応急対応の大切さです。

  そして午後3時からは、これら“救命の連鎖”といわれる一連の行動・動作の実技・実践を二班に分かれて実施しました。心配蘇生法では救急救命士の細かいアドバイスや指導でやり直しをしたり、初めて使用するAEDでは落ち着いて機器の説明に従うことを心がけるなど、体験することの大切さを改めて感じつつ、緊張と充実の詰まった約2時間40分の受講を終え、全員が笑顔で受講修了証を手にして学習会を終了しました。

023025026

 救急車を呼んでも、到着するまでに全国平均8分かかります。これから普段の生活でAEDの置かれている場所を一つひとつ確認していきたいと思います。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛南予地域協議会

連合愛媛南予地域協議会南予地協

宇和島市に連合愛媛の南予支部がオープンいたしました。地域の方に貢献できるべく頑張りたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る