2013春季生活闘争総決起集会

 連合愛媛は、3月2日(土)にひめぎんホール大ホール(1F)において、

愛媛県内構成組織・各地協より組合員、家族、来賓等1,100名が参加し、

「2013春季生活闘争総決起集会」を開催しました。

 はじめに、木原会長より、「厳しい情勢ではあるものの、春闘要求実現に

向けて、各組織が粘り強い交渉に取り組んでもらいたい。」と呼びかけました。

引き続き、杉本事務局長から現状と課題の認識合わせと連合愛媛2013春季生活

闘争の方針説明を行いました。

 決意表明では、①民間労組代表としてJAM・松山ファクトリーサービス労働

組合 執行委員長の古河 繁生さん、②官公労部門代表として自治労愛媛県本部

青年委員長の西尾 祥之さんが、中小地場組織の置かれた立場やそれぞれの立場

で現状報告を行い、力強い決意を述べられました。

 最後に、「総決起集会アピール」「3.8国際女性デーアピール」を採択したのち、

木原会長の「団結ガンバロ―三唱」で集会をしめくくり、市内中心部に向けデモ

更新を行いました。

 

    

   

   

   

   

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る