『連合愛媛第21回定期大会』開催!!

『復興・再生に全力を尽くし、「働くことを軸とする安心社会」につなげよう』(大会スローガン)

 連合愛媛の第21回定期大会が11月24日(木)、愛媛県勤労会館で開かれ、中村知事をはじめ、野志松山市市長、連合本部
総合組織局 山根木局長、連合四国ブロック・連合香川小川会長、各政党代表者などの来賓を迎え、役員・代議員162名が出席し盛大に行われた。

 木原会長は、「3.11に発生した東日本大震災に対し、連合として震災復旧・復興、そして再生をめざし取り組んでおり、政策とセットで引き続きの対応が必要であると強調。併せて、連合のエネルギー政策についての見解を共有化した。一方連合の取り組みとして、厳しい環境下ではあるものの、向こう2年間の方針の協調すべき点について考え方を示すとともに、『働くことを軸とする安心社会』の実現に向け、連合愛媛も引き続き取り組んでいきたい。」と訴えた。

 2012~2013年度活動計画は、「働くことを軸とする安心社会の実現」に向け、①「5万連合愛媛」実現に向けた組織強化・拡大、人材育成の強化、連帯活動の推進による社会的影響力ある労働運動の展開、②非正規労働者の仲間づくりと労働条件底上げに向けた社会運動の展開、③公正と連帯を基盤とする安心社会の構築に向けた政策・制度の取り組み、④労働条件の社会化の底上げと社会的横断化の促進、セーフティネットの実現、⑤男女平等社会の実現に向けた平等参画の強化、⑥政策実現に向けた政治活動の強化、⑦公正なグルーバル化を通じた持続可能な社会の実現に向けた国際活動の強化――等の更なる推進と取り組みの強化を行うことについて提起し、満場一致で確認された。

 また、今年度は役員改選の年であり、2012~2013年度役員(案)を提起し、新体制について代議員の満場一致で採択された。なお、今大会をもって退任されたJAMの安河内前副会長をはじめ5名の役員の方々の今日までのご尽力に対し、心から感謝申し上げるとともに、今後のご活躍を祈念いたしたい。

連合愛媛2012~2013年度役員名簿

  

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る