アジア・アフリカ支援米「田植え」をしました!

  アジア・アフリカ支援米
「田植え」を実施 !!

6月15日(土)、松山市窪野町の水田で組合員やその家族など66名が参加し、アジア・アフリカ支援米の田植えを実施しました。

この取り組みは、生産調整田に支援米を作付けし、飢餓や食糧不足に陥っているアジア・アフリカの国々へ支援米を送ることを目的に展開しています。

当日は、梅雨時期ではあるものの天候に恵まれ、組合員や家族らが普段することのない田植えを実施しました。苗を植える目安となる等間隔に印のついたヒモを使用し、地権者(相原さん)に教えていただきながら苗を植えました。苗同士の間隔が狭すぎると苗に十分に栄養が行き渡らなかったり、土の中までしっかり植えないと苗が倒れてしまったり、難しい作業を泥だらけになりながら体験することができました。

今後は、10月に稲刈りを行い12月に支援米として発送する予定です。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は29組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る