「新型コロナウイルス感染症」関連 愛媛県知事へ緊急要請しました!

     「新型コロナウイルス感染症関連」

   愛媛県知事へ緊急要請しました!

連合愛媛は、4月23日(木)に愛媛県庁において、「新型コロナウイルス感染症」に関連する労働者への感染防止や安全確保および偏見・差別の防止等に向けた対応の強化を求め、愛媛県知事緊急要請を菅副会長および事務局の3名で実施しました。

はじめに、弓立会長から「新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、感染者やその周りの人たちや流通業界・運送業界・医療従事者等、今日の国難の中で日常生活を支えている人々への偏見や差別が広がっています。ここ愛媛県においても、運送業に携わる者の病院での診察拒否や子どもの登校に対する自宅待機指示、小売店舗での暴言や悪質なクレーム、お客様同士のいざこざ等の実例が寄せられており、今こそ一人ひとりの倫理的な消費行動が求められているところです。食品等の生活必需品および医療の業務はライフラインとしてなくてはならない業種であり、そこで働く者の安全確保に向けた取り組みを要請します。」と要請内容の概略を説明し、要請書を手交しました。引き続き、菅副会長から、職場の声として特徴的な内容を補足説明しました。

その後、神野副知事より要請に対する見解が示され、引き続き各部局とも連携していくことを確認し、終了しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る