2020連合四国ブロック春闘推進会議を開催しました!

2020連合四国ブロック春闘推進会議を開催

1月27日(月)、サウスブリーズホテル(高知市)において、2020連合四国ブロック春闘推進会議が開催され、四国4県から36名、うち愛媛からは中小共闘(フェアワーク)センター委員会委員・事務局の8名が参加しました。

連合 総合政策推進局 冨田珠代総合局長より、2020春闘の取り組みとして、①「経済の自律的成長」「社会の持続性」を実現するためにも、分配構造の転換につながり得る賃上げが重要であること、②連合本部方針の考え方等について説明をうけました。その後、参加者からの質問や要望に対し、本部の見解や今後の対応などが示され、参加者全員で共有しました。

引き続き、各地方連合会の2020春季生活闘争の取り組みが報告され、現在の状況や各県の悩みに対して本部の助言や連合中央のデータなども参考にしつつ地域の状況に即した取り組みを行っていくことを確認し、会議を終了しました。

   

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る