2019年 連合愛媛新年交歓会を開催しました !!

謹んで新年のお慶びを申し上げます

 2019年 連合愛媛新年交歓会

年 頭 の ご あ い さ つ

新年明けましておめでとうございます。

「亥」年は、選挙の年といわれています。任期4年と改選3年の「公倍数」が12年ですから、統一地方選挙と参議院議員選挙が重なるのが「亥」年です。

4月から、時間外労働の上限規制が導入されて長時間労働に少しブレーキがかかるでしょう。次年には就業形態間の不合理な待遇差が禁止され、さらに2023年は、月60時間を超える残業割り増し率のダブルスタンダードが解消されます。国会審議の経過はどうあれ、労働関連法の改正によって「働くことを軸とする安心社会」の実現に一歩前進しました。このことは、連合が提唱してきた政策の一部が結実したと言っていいと思います。

さらに連合は、今年「結成30周年」を迎えます。結成以来、常にめざす社会を描いてきましたが、この30周年を機に、10月の第16回定期大会において、「新たなビジョン」を策定します。「働くことを軸とする安心社会」の実現を普遍とし、「互いに認め支え合う、誰一人取り残されることのない包摂的な社会」に変えていくビジョンです。高齢化と情報技術革新が同時に進んでいく今後、競争社会から成熟社会(福祉型社会)への転換を、新たな元号と同時に進めていくことが理想です。その理想のために政策の実現という課題に取り組まなければなりません。

今年が、国政や地方行政への発信力を高める大事な年になることを踏まえ、構成組織の一層のご奮闘と、新しい年が皆様にとって幸多き年になることを祈念申し上げ、年頭のごあいさつとさせていただきます。

連合愛媛  会長 弓立 浩二

 

2019年1月10日(木)17時30分から愛媛県勤労会館において来賓、役員・構成組織より多くの皆様に参加いただき「2019年連合愛媛 新年交歓会」を開催しました。

   

    

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る