超低空飛行訓練中止求める四国集会に参加!

10月7日(日)に高知県早明浦ダム公園において「米軍機墜落24周年超低空飛行訓練中止を求める四国集会」が四国四県はもとより、岡山県からの参加も含め、約350名が参加して開催されました。

1994年10月、米軍空母インディペンデンス艦搭載機A-6Eイントルーダーがオレンジルート(和歌山→高知→愛媛)で超低空飛行訓練中に早明浦ダム湖面に墜落し、乗員2名が死亡した事故から24年になりますが、低空飛行訓練は現在も行われています。

飛行直下で日々の生活を営んでいる地域住民の安全を守るために、低空飛行訓練の中止を求めるアピールを採択しました。

     

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約700万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約4万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は30組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る