2017平和行動in沖縄

2017年度平和4行動のスタート

 「語り継ぐ戦争の実相と運動の継続で恒久平和の実現を」

2017年度、平和行動のスタートとなる「平和行動in沖縄」が6月23日(金)~24日(土)にかけ開催され、連合愛媛からは、各構成組織より選出された皆さんと事務局の8名が参加しました。

6月23日(金)に開催された「2017平和オキナワ集会」には地方連合会と構成組織の仲間約1,000名が集結しました。第1部は山城克己氏による「沖縄の縮図・伊江島から学ぶ」と題した基調講演に引き続き、第2部の平和式典では、「在日米軍基地の整理・縮小」と「日米地位協定の抜本的見直し」を政府に改めて強く求める平和アピールが採択されました。

6月24日(土)には、連合沖縄青年委員会のメンバーが、ガイドを務める「ピース・フィールドワーク」が開催され連合愛媛の参加者は。糸数アブチラガマ、ひめゆりの塔・資料館、魂魄之塔、平和祈念公園・資料館をめぐる南部戦跡コースに参加しました。それぞれの見学箇所で沖縄戦の悲惨な歴史を振り返り、改めて平和への願いを強く思うとともに、今回の経験を次代へと伝えていかなければならないと感じました。その後、沖縄県庁前広場で開催された「米軍きちの整理・縮小と日米地位協定の抜本的見直しを求める集会」に参加し、県庁前広場から牧志公園までデモ行進を行いました。

      

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

連合愛媛

連合愛媛連合愛媛

連合は全国約800万人、その地方組織47の1つ連合愛媛は、約5万人の仲間の組織です。加盟産業別労働組合は34組織です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る