中予・今治地協地協より~松山市長との政策勉強会を開催!(中予支部)

連合愛媛中予・今治地協中予支部は、8月8日(火)18:00より愛媛県勤労会館において、毎年恒例となっています『松山市長との政策勉強会』を開催しました。

当日は、松山市より野志克仁市長、大崎修一産業経済部部長の他、崎山経済産業部副部長の他、産業経済部地域経済課より宇野課長、八塚課長、矢野主査、松井主任、上隅主任、宮崎主事と多くの方にご参加いただきました。また、連合愛媛議員連絡会の松山市議会議員6名にも出席いただき、中予・今治地協中予支部からは松山市在住者を中心に組合員62名、地協中予支部役員16名が参加しました。

     

勉強会の冒頭では、野志市長ご自身が一般市民から政治家の道を歩む決断された当時の想いに触れられ、その時の気持ち、スタンスは、いささかの違いもはなく、市民目線を大切に「幸せ実感」をキーワードに取り組んでいる8つの政策と30の「幸約(こうやく)」を実践していると宣言され、その内容について報告いただきました。

とりわけ、今年度は、えひめ国体、子規・漱石生誕150年記念事業として、「おもてなし」の心で本市の魅力を全国に発信する、様々な施策について解りやすくご説明いただきました。

最後には、全国から選ばれ、100年先も輝けるまちとして、次の世代にしっかりと引き継いでいくために、市民の皆さんの協力をと、熱き野志市長の想いが伝わりました。

        

公務でご多忙中にもかかわらず、政策勉強会にご協力いただきました野志市長と松山市幹部の皆様、また、ご参加くださった組合員の皆様のご協力に感謝します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

中予今治地協

中予今治地協中予今治地協

中予地協と今治地協が統合され、「中予・今治地協」が結成され新たにスタートしました。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る